はちぶろ

はちのブログ

気持ちは表に出さないと死ぬ

www.pojihiguma.com

 

ポジ熊さんの記事を受けて

 

僕はまだこれ含めて3記事しか書けてない駆け出しですが、

 

確かに自分で勝手に記事評価して誰も読まんだろと思って閉じる

 

ことがあってなるほどなぁと思いながら読ませていただきました。

 

この記事の中で、

 

あなたの心の中にあるその炎を、ブログに全力でぶつければいいんですよ。

 

という一言が僕の心の琴線に引っかかりましたのでこれについて書こうかなと

 

 

あなたは心の中の炎をちゃんと捉えているか

 

 僕は割と感情の起伏が穏やかな方です

 

めちゃくちゃ怒ることはそれほどなくてあったとしても自分の中で消化しちゃいます。

 

周りからは優しすぎるとか、菩薩とかたまーに言われます。

 

この二十数年の人生で身につけた技といえば技なんですが

 

 

こういうことしてると感情が死にます

 

心の中の炎を無視し続けると見えなくなるわけですね

 

 

感情が死ぬとは

 

怒りを抑えられるのは割と便利なんですが、

 

これを癖にすると他の気持ちも抑えるようになり、

 

嬉しさも、悲しみも感じにくくなります

 

こうなっては本末転倒ですよね

 

2年くらい前まで僕は感情を抑えることが癖になっていました。

 

今思うとつまらない人間だったなと思います

 

まだまだ抑える癖は完全には治ってないんですが…

 

心の中の炎に薪をくべ続けるために

 

 別に怒りをその場で人にぶつける必要はないんです。

 

インターネットという便利なものがあるこの世の中、

 

SNSでもブログでも掲示板にでも感情をぶつけてください

 

嫌だったこと、よかったこと、悲しかったこと、嬉しかったこと

 

ちゃんと表現することによってそれはあなたの経験に

 

財産になっていきます。

 

 こんな時代だからこそ、最後は感情だと思うのです。

 

はち